皆さんどうもこんにちわ!

札幌すすきのシーシャ屋HE@CEです。

シーシャの準備と喫煙に関しては、一人一人が独自の技術と方法を持っているかもしれません。

さまざまなボウルの梱包方法、制限の好み、または使用されるさまざまなフレーバーブレンドのいずれであっても、すべてのセッションはユニークであり、これがシーシャをそのような魅力的な趣味にしている理由の一部です。

そうは言っても、シーシャのセッションだけでなく、シーシャパイプ自体の物理的な完全性、さらには人としてのあなたにも絶対に壊滅的な打撃を与える可能性のあるいくつかの一般的な間違いがあります!

あなたが私たちの過ちから学び、質の高い喫煙セッションを達成するのを助けるために、私たちはシーシャ喫煙者が犯すトップ10の過ちとそれらを避ける方法のリストをまとめました!

フレーバー詰め込み問題

シーシャ喫煙者、特に新しい喫煙者が犯す最も一般的な間違いの1つは、シーシャを準備するときにボウルをいっぱいにする。

つまり「詰め込みすぎる」ことです。

シーシャの歴史のある時点で、人々は「ボウルにシーシャを増やす=煙と風味を増やす」という考えを持ち、より印象的なセッションを実現するために、できるだけ多くのタバコをボウルに詰め込もうとし始めました。

シーシャボウルを詰め込みすぎると、

  1. タバコの燃焼が速すぎになる。
  2. ボウル内の気流の問題

ボウルにシーシャを入れすぎると、そのすべてのシーシャがアルミホイルまたは熱管理装置(HMD)、ひいてはシーシャ炭に直接押し付けられます。

これにより、「焦げる」または燃焼する可能性があり、その結果、激しい煙と不快な風味が発生します。

ボウルがいっぱいになると、セッション中に多数の気流の問題が発生するリスクもあります。

ほとんどのシーシャブランドは、適切に喫煙するためにタバコとボウル全体に空気経路を必要とするように設計されています。

ボウルをたばこでいっぱいに詰め込むと、たばこが圧縮され、経路が制限されたり、完全に存在しなくなったりします。

その結果、たばこが均一に調理されなかったり、通常よりも多くの煙や風味が出たりします。

さらに、この間違いは、ボウルの穴をタバコで物理的に詰まらせる可能性もあり、そもそもシーシャから空気/煙を吸い込むのが非常に困難になります。

私たちのアドバイス?ボウルをタバコでいっぱいに詰め込み、限界を超えて押し込もうとしないでください。

理想的なセッションを実現するために、ボウルにシーシャをどんどん追加する必要があると本当に感じた場合は、より大きなボウルを購入してください。

より大きなシーシャボウル(Tangiers Medium phunnelボウルなど)は、より多くのシーシャを保持し、「過密」領域のリスクを冒すことなく、より長く続くフルフレーバーのセッションをもたらすことができます。

 

フレーバー少なすぎ問題

前の間違いの直後にこの間違いをリストするのはばかげているように見えるかもしれませんが、シーシャボウルをアンダーパックすることは、オーバーパックすることと同じくらい問題になる可能性があります!

ボウルにたばこを詰め込みすぎようとする喫煙者とは対照的に、十分に入れていない喫煙者もいます。

偶然であろうと、シーシャの使用量を減らすために故意であろうと、選択したボウルに十分なシーシャを入れないと、強い風味と厚い雲の両方を欠く、短くて圧倒的なスモークセッション が作成される可能性があります。

これは、不十分な熱伝達の結果として発生します。

基本的に、少なすぎだとエアギャップが生じ、シーシャが完全なフレーバーと雲に必要な適切な量の熱を受け取ることができなくなります。

ボウル内のシーシャの量が減っているため、発生するわずかな煙もそれほど長くは続きません。

さらに、強い風味を提供するのに十分なシーシャがない場合、あなたはまた、熱い炭の味を経験する危険を冒します!

誰も好きではない味である火のついた炭のように味わうリスクが高くなります。

ただし、詰めすぎないように注意してください。ボウルはそれぞれ異なるため、「スイートスポット」を見つけるのに数回の試行が必要になる場合があります。

節約のためにボウルのシーシャの使用量を減らすために意図的にアンダーパックする喫煙者の場合は、小さなシーシャボウルを選ぶことをお勧めします。

これにより、これらを回避できます。

8g~15g程度が標準的かと思います。

 

ホイルよれてる問題

アルミホイルはシーシャを準備する際の側面について最も考えられていないものの1つですが、それは簡単に最も重要なものの1つになる可能性があります。

ほとんどの人は「ああ、それはただのホイルだ」と思い、ボウルに何を置いているかを考えずに、ボウルに置いているものを何でも叩きます。

しわの寄った不均一なホイルの写真を数え切れないほど見てきました。

「なぜそんなに重要なのか?」とあなたは尋ねるかもしれません。

さて、親愛なる読者、垂れ下がったホイルは、そうでなければ完全に詰め込まれたボウルであったものを、荒い煙と焦げた味の混乱に変えることができます。

ホイルが緩んでボウルに垂れ下がると、ほぼ直接接触し、過熱して燃焼します。

ホイルのたるみをなくすには、片方の手でホイルをボウルに押し付けながら、もう一方の手でホイルをゆっくりと注意深く引っ張り、しっかりと固定されていることを確認してから、ボウルの側面にホイルを圧着します。

または、シーシャ熱管理装置を手に取って、ホイルのたるみを完全に取り除くことができます!

これらのデバイスは、スズ箔全体を置き換えるため、セッションの準備と熱の管理がこれまでになく簡単になります。

熱高すぎ問題

適切に喫煙して強い風味を出すには、たばこを十分に熱くする必要がありますが、多すぎると、そのしきい値を超えると非常に厳しい煙が発生し、そうしないと喫煙セッション全体が台無しになる可能性があります。

修正してください。

この間違いを避けるために、最初は最大でも3個の炭のみを使用することをお勧めします。

より多くの炭がより濃い煙への道であると感じる人もいるかもしれませんが・・・

正確な量は、シーシャの選択とボウルのサイズによって異なる場合がありますが、少ない数から始めることをおすすめします。

炭を中央に直接集中させるのではなく、ボウルの周りに炭の間隔を空けることをお勧めします。

これにより、より均一な熱分布が作成され、ボウルの中央にあるシーシャが炭で過熱するのを防ぎます。

煙がきつく感じたり、焦げた味がしたりした場合は、トングで石炭を1つか2つ取り出し、トレイにセットして、必要に応じて炭を再配置します。

多くのシーシャには「パージバルブ」が装備されており、必要に応じてホースにそっと吹き込んで煙を排出することができます。この機能を適切に使用してください。

熱が弱すぎ問題

「熱管理」は難しいですが、1個では少なすぎです。

ほとんどまたはまったくフレーバーのないシーシャセッションになります。

「熱が多すぎる」問題よりも「熱が足りない」問題を修正する方がはるかに簡単です。

ボウルに石炭を追加するだけだからです。希望の風味と煙の一貫性が得られるまで、ボウルに炭を1つずつ追加するだけです。

最初は炭を無駄にするかもしれませんが、余分に炭をねっしておいて、ベストの個数と配置を見つけてください。

シーシャ不衛生問題

シーシャを見て、「最後にシーシャが掃除されたのはいつですか?」と自問してください。

あなたの答えが「私の最後のセッションの後」なら、それなら素晴らしいです!それ以外の場合は、シーシャをきれいにしてください

汚れたシーシャパイプには、現在のスモークセッションのフレーバーに悪影響を与える可能性のあるあらゆる種類のフレーバーと残留物が含まれている可能性があります。

洗浄プロセスを怠ると、シーシャが錆びて腐食する可能性があります。

これは、シーシャのような湿った環境で形成される可能性のあるバクテリアを考慮に入れていません。

この間違いを避ける方法は、袖をまくり上げて、シーシャをきれいにきれいにするために作業を行う以外にありません。

水を入れすぎ問題

水位とベースに入れる量に関しては、シーシャごとに異なる量の水を必要とします。

これが、ベースの過剰充填が最も簡単な間違いの1つである理由です。

シーシャでは、水はシーシャの煙が茎からホースを通って引き上げられるときに冷却とろ過の両方の役割を果たします。

ただ、水の量が多すぎるとシーシャから煙や空気を物理的に吸い込むことがはるかに困難になる可能性があります。

酸欠の可能性が出てきますね。

水が多すぎで起こる別の可能性は、喫煙中に水がホースに吸い込まれる可能性もあります。

ベースウォーターを誤って口の中に入ってよいという人は絶対にいません。

水は2、3㎝上ぐらいが目安です。

 

締め忘れ問題

水タバコの喫煙プロセス自体は、ほぼ完全に気密システムを必要とします。

シーシャに空気漏れがあると、煙が少なくなるリスクがあります。

さらに深刻な場合は、煙がまったく出ないというリスクがあります。

シーシャで空気漏れが発生する最も一般的な場所は、1)ボウル、ベース、ホース間の接続ポイント、および2)パージバルブです。

パージする場合は、ホースに吹き込む空気によって小さなボールベアリングが持ち上げられ、煙や空気が逃げることができます。

パージが完了すると、ボールベアリングは重力の助けを借りて元の位置に戻り、シーシャを再び密閉します。

ここもチェックしましょう。

不安定な状態のシーシャを吸う

シーシャを吸うことの主な側面の1つは、熱い炭使用です。

シーシャ炭は、火傷をするのに十分なほど熱く、床を焦がします。

私のお店も焦げてます。

シーシャ、家具、カーペットやフローリング、その他の身の回り品など、個人の所有物への明らかな損傷以外に、落下する炭によって引き起こされる火傷に対処しましょう。

煙時の潜在的な「ぐらつき」を最小限に抑えるために、ステムとベースの間の接続がしっかりしていることを常に確認してください。

また、コーヒーテーブル、コンクリートなどの平らな屋外の表面、または家の床など、シーシャを置く表面が均一で安定していることを確認してください。

セッション中にシーシャが斜めに座ったり、過度に動き回ったりする可能性のある凹凸のある表面は避けてください。

 

上の方だけ掴んでシーシャを運びがち問題

ほぼすべてのシーシャ喫煙者が人生で少なくとも1回は犯した、または犯すであろう間違いです。

理由は・

世界でますます多くのシーシャが、ゴム製のベースグロメットを使用してベースをステムに接続し、気密シールを提供しています。

これらのグロメットの多くは非常に強力な接続を提供しますが、水で満たしたものは言うまでもなく、ガラスベースの重量を十分に保持するのに十分な強度ではありません。

気密の為のくっつきが、上の方だけ持っても問題無いと錯覚させてしまうのです。

これを防ぐために簡単な習慣が1つあります。

それは、シーシャの基部で運ぶことです。

ただ、それだけです。

片方の手でベースをしっかりと握り、もう一方の手でステムを保持すると(安定性のため)、シーシャのベースが突然落ちてガラスの破片の山になるのを防ぐことができます。

 

それでは、良い水タバコライフをお過ごしください。

シーシャ(水タバコ)の通販サイトショップ卸