札幌すすきのシーシャ屋HE@CE(ヒース)の店長のセキです。

シーシャのフレーバーで開封後に1日空気に晒す必要のあるフレーバーが存在します。

※基本的には、乾燥しちゃうので他のメーカーでやる必要はありません。

それはTangiersという老舗メーカーのフレーバーです。

札幌すすきのシーシャ屋HE@CE(ヒース)も愛用するTangiersとは

Tangiersとは、何気に10年以上の歴史を持つシーシャフレーバーの中でもダークリーフと呼ばれる部類でトップクラスの人気を誇るフレーバーです。

ダークリーフとはハイニコチンになるので、初めての人にはあまりおすすめは出来ないですが、シーシャフレーバーの中でも傑作が多いメーカーさんです。

特に写真にあるのは、メーカーの売れ筋1・2のフレーバーです。

一位 Cane Mint(ケインミント)

二位 カシミア

HE@CE(ヒース)も愛用するTangiersフレーバーの紹介

まず1位のケインミントですが、ミントという括りで、かなりの高評価のフレーバーです。

「ダークリーフ」+「ミント」というジャンルなら間違いなく一番のおすすめフレーバー。

単品で挑戦してもらいたい逸品です。

 

そして2位はカシミアです。

こちらは、クセが少々あります。

タイムやレモングラスなどの香草のような香りと、ターメリックに似たSpice系の香りです。

パンラズナが好きな人には挑戦してほしいです。

↓シーシャ(水タバコ)の通販始めました↓

シーシャ(水タバコ)の通販サイトショップ卸